こんにちは
いよいよ、出ました!
 木曜日に委託者のお一人から、本が店頭に並んでいたと聞き、やっと昨日購入して参りました。一冊1680円で販売している、それはそれはお洒落な本で、最初のページのお店も、もちろん素敵なお店です。
 お洒落なお店が続いて、久しぶりにどきどき、はらはらしてページをめくりまして、やっと蔵楽を見た時は、よく採用していただいたものだと、ほっと安堵し、感謝のみでした。
 そのうちに、むむっ、これはまずい!店内の環境整備をする前の写真でもあるのですが、他のお店の写真を見た後に、またじっと見ると改善点がいっぱいあって、お恥ずかしいと、頭を抱えてしまった次第です。
 そして、一日たった今日、店内の整備にまた燃えて参りました。
 他のお店をお手本に、もっと委託品が引き立つよう、また新たな委託者を開拓し、いらして下さったお客様に満足していただけるよう、努力して参ります。

 ちなみに蔵楽は、ちょうど100ページに載っていました。
 見ましたよと、お店にいらして下さった新しいお客様には、何かサービスをさせていただきますので、皆様のお越しをお待ちしています。
                                   

 

 

最近の蔵楽のメインディスプレイ 
さて、皆様、少〜し、お顔を左に傾げていただけないでしょうか?
できれば90度近く。
ご覧になれたでしょうか?
ご協力ありがとうございます。そこつでお恥ずかしい次第です。

 さて、ここ2週間ほど、蔵楽店内が緑でいい感じになっています。
最初はあおきと山百合、そしてピンクのバラでしたが、そこにお客様から、向日葵をいただいて。
それからユーカリ、黄色とオレンジのたくさんの小花。
この写真ではわかりませんが、吾亦紅が入っています。
やはり、生花があると違いますね〜

また、この吾亦紅!一閑張りの籠が良く似合います。とっても素敵なんですよ。
一閑張りの籠をお買い求めいただいたお客様に吾亦紅をお裾分けしたら、メールと写真もいただきました。とても風情があってほんとに素敵!
癒されます〜
 
 これからの店内も充実した秋を感じていただけるよう、また模様替えをしたいと思います。
 お洒落な秋を探しにお店にもいらしてほしいです。お待ちしています。

 ホームページ、もしくはブログを見ましたよ、なんて言っていただけたら、気持ちサービスしてしますかも。     

 一昨日、行ってみたいと思っていた、近所の輸入雑貨のお店に行って来ました。

リトル・ヨーロップという、洋書絵本とアンティーク雑貨のお店です。

アンティークのお店特有のゆったりとした時間が流れていて癒されます。
あのアンティークとか、骨董品屋さんとかにいる時の、日々の暮らしがいったん遮断されるような感覚。

私もオリーブオイル用のお洒落なボトルを購入してきましたが、蔵楽の作品以外では、久しぶりにあれもこれもいいな〜と思う商品がたくさんありました。

 写真も載せたいところですが、準備不足なので、蔵楽にいらしたお客様にご紹介すべく、店内に広告を用意しておきますね。
 
 ちなみに場所は、太白区西中田4丁目13−25 大蔵ハイツ105 です。

ふふ〜ん、蔵がついているんですね〜 我田引水ですが、いいんじゃないんでしょうか?

併せて、西中田・柳生に雑貨好きのお客様を集めていけたら、嬉しいです〜

                             

 先日、委託者の方のお一人から、睡眠時間と寿命の関係についてのお話を聞きました。

皆様は一日、何時間睡眠をとっていらっしゃいますか?
その方は平均して一日4時間だそうです。
凄いですね〜私にとってはあり得ないことです。

その方の知識によると、睡眠時間が短いと長生きはできない、と。
同じ一日24時間でも、寝ていない時間は生きている時間となり、累計した時間で寿命が決まるということらしいです。なるほど!
 そうなると、布団に入っても寝れない時間はもったいないですね〜
あえて、寝る努力をするよりは起きて何かしていた方が有意義だということですね。
と言っても私の場合はほとんど必要がないのですが。
今まで寝られないということできつかったのは、お産直後のみ。
まぁ、日中、支障をきたすことがないように、これは知恵としてしまっておこうと思います。

 そして、もう一つ、この話を聞いて思い出したことが、ありました。
私の母がよく「人生、とかちをかけられる。」と言ってましたっけ。
「とかち」とは、一升升を平らにするための定規のようなものだそうです。
蛇足でしたが、なかなか含蓄があると思っています。
どう、お思いになるかは皆様にお任せいたしますね。

 さて、その委託者の方のブランド名が決まりました。
再和楽と書いてさわらと呼びます。
作風そのものですが、再び和を楽しむとの命名です。
また、アイディアの豊富な方で、十数年前には、「素敵な部屋」始め、インテリア関係の雑誌にかなり紹介されていらしたようです。雑誌を用意しておきましたので、蔵楽にいらした際は是非、ご覧下さいませ。

一閑張り教室の参加者作品 
素敵ですよね〜
 教室に二回参加なさってから、ご自分で作られた全くのオリジナル作品です。
他の参加者からも、斬新なデザインに賞賛の声が集まって、それぞれの皆様がかなり刺激を受けていらっしゃるようです。
 是非皆様にご紹介したく、写真を載せさせていただきたいと、お願いした次第です。
 この他にも大島紬を使ったバッグもお作りでしたが、写真ではなかなか伝わらなくて、割愛しました。
上の作品も紬をお使いですが、とにかく素敵!
 持って歩くと、声を掛けられるそうです。
 もう〜手作りが好きな方々を釘付けにしちゃいますね。

 今、蔵楽のマイブームは一閑張りのようです。
 一閑張りの素敵な小物も展示販売していますので、是非覗いて見てくださいね〜
                             蔵楽・店主 

 そうでした。
店はたくさんの方のご厚意で成り立っています。
改めて感謝申し上げます。

7月に業務用エアコンが入りましたので、これからは暑さ寒さにもきちんと対応できますのでご安心を。

この展示用棚は常連のお客様のセンスを拝借して、というより、お客様がご厚意で造花を買って来て下さり、展示に上手くプラスしてくださったものです。おわかりになりますか?ところどころにお花が覗いています。実際はもっときれいなのですが、ちょっとした心配りできれいに見えるものですね〜

 さて、私からのお話は、店とは全く別です。
デジカメで写真を撮っていたのですが、何故か一部ビデオになっておりました。
再生して、びっくり。久しぶりに自分の声をききまして、久しぶりにまた少なからずショックを受けました。
あ〜。まだなまってる。こんな話し方をしていたんだ、と。
自分の耳から聞こえてくる声はもっとまともなのに。明日から少し、無口になりそうです。
が、個人的にはいいことかなと思っています。最近、店で売らんかなの下心のためか、要らぬことを話していることがあり、自分でも気になっていました。居心地のいい店を目指しているのに、逆効果でしたね。
 というわけで、店主もなるべくお客様に伝わるよう、ゆっくりと言葉を選んでしゃべろうと思います。
店として願っているのは最大多数の方にとっての、居心地良さです。
何故か、足が運んでしまう、そんな店になれたらな〜と願っています。
        2012/07/31
8月もまたよろしくお願いいたします。
 
 

蔵楽展示用棚 

一閑張りの中でも、かなり派手な作品です。
この反対側は少しおとなしめです。
一閑張り教室では、帯でも着物でもお好きな生地を使い、作る方のセンスで全くイメージの違うものができているようです。
和紙を使い、かき渋も塗って、かなり渋く仕上げて、お気に入りの和小物を付けてと。
作品により、 表情が多彩で楽しみ方も様々です。

 長財布は珍しくはないと思いますが、蔵楽で販売しているものは、少〜しばかり違います。
かなり、バージョンアップしているのです。
 どこがは、来ていただいてのお楽しみですが、何と言っても同じ委託者とお客様からの指摘を生かして作って下さっていますので、使い易いこと、請け合いです。
 なかなかの人気商品ですから、お早めにどうぞ〜
 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM