蔵楽〜くらら〜は、宮城県南仙台市の手作り雑貨委託販売ギャラリーカフェ。
さまざまな個性あふれるてづくり雑貨を委託販売しております!
てづくり雑貨委託者は50名を越え、中には教室や工房を運営している作家さんも!
毎週水曜日には各種てづくり雑貨の体験教室を開催中。
また、てづくり雑貨の委託販売をご希望の手作り作家さんも随時募集中です。
詳しくは、「蔵楽〜くらら〜 WEBサイト」をご覧下さい♪

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リメイク服

 

 こんにちは
 お陰様で、叩いてから、パソコンの調子がいいようです。
 上の作品、素敵でございましょう
 こちらは、プロとして活躍なさっていらっしゃるMさんの作品です。全てご覧の通りです
 
 今、一つ思うところがありまして、タブレットの購入を考えています。作品を一点ずつ、写真に撮って持ち歩いて、話が出たら、すぐに注文をいただこうと。スマホだと小さいので、蔵楽のお客様には、見づらいようです。そして、+ タブレットだと、何だか、質感まで感じられますね。すごいですね〜

 皆様、特に箪笥のお着物をもてあまされていらっしゃるようなので、いいご縁を結ばせていただきたいものです。

 他の作品もご紹介いたしますね。






 他にもたくさんありますが、今後はお預かりした作品は、全部写真に撮って、ご注文をいただくようにします 
 ただ、実現まで、もう少しお待ち下さいね。急ぎますね。
 
 そして、やっと、今度こそ、ホームページを3月中旬までには、更新できそうです。
 いよいよ、心機一転
 次回から、皆様のコメントも公開させていただきたいと思います。
 私も店のプランを小出しにしてご賛同いただける方には、何らかの形でご参加いただきたいと願っています。

 では次回は、作品の紹介もさせていただきますが、店のプランを恥ずかしながら、公表し、皆様方のご意見をいただきたいと思いますので、どうぞ、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
                                                 蔵楽・府金
 
 

2014年いよいよ始めます

 

こんにちは。
 上の作品は全て、“こみち”さんの作品です。反対側が違うものもありますが、残念!表側だけのご紹介です。
こみちさんは、屋号です。元々のお名前が滅多にないお名前で、お公家さんかなと思うようなお名前なのですが、なかなか難しいお名前なので、こみちさんで通していらっしゃるとのことです。察しのいい方だと、屋号から何となくイメージできるかもしませんね。
 そのこみちさん、福島で被災なさって今、仙台にいらっしゃいます。とてもユニークな方で、いつもお召しになっているお洋服もお洒落、学校の先生のようでありながら、目がとっても茶目っ気たっぷりでチャーミングな方です。
 以前、リュックをご紹介しましたが、それもこみちさんの作品です。
 福島でもファンがたくさんいらしたようです。仙台では、さくら野仙台店で毎年数回行われているリビング手づくりショップに昨年から出店なさっています。
 今年は1月22日〜27日まで8階のイベントスペースで開催されるとのこと
他にもたくさんの手作り作家の方が集うので、機会がありましたら、是非!
(蔵楽とはお客様がかぶりませんので安心してご案内できます)
 
 そして、今月の教室は下記の通りです。
1/8  ワイヤーアクセサリー教室 10:00〜
1/15 ポーセラーツ教室 10:00〜
1/22 リメイクミシン教室 10:30〜
1/29 グラスアート教室  10:00〜
となっています。
 お正月のために少しシャッフルされていますが、見学も飛び入りも大歓迎です。

 では、今年も改めて宜しくお願いいたします。      蔵楽・府金
 

  

今年も宜しくお願いいたします



おはようございます。
 皆様もいい初夢をご覧になられたでしょうか?
上の写真はファンタジー作家石川かおりさんの作品です。もちろん原画があるのですが、店でお預かりしているのは、ポストカードとしてです。
 題は 『つばさ』 、フラッシュありの写真ですが、フラッシュありの方が翼部分に光が反射して、思わぬ効果を生んだようです。 
 石川さんは仙台市出身、(以下、ご本人の紹介文を載せさせていただきました)

「空想の世界を自由に旅してもらえるような、細密で希望のあるファンタジー絵画をライフワークに’02から毎年、県内外で物語をテーマにした個展を中心に活動。
’03武蔵美校友会新人賞、ギャラリー主催の公募展入選等をきっかけに
’05春渡仏。短期留学を経て、秋にパリでの企画展「アーティスト3人展」参加。
’06国際公募/日仏現代作家美術展、
’07現代童画展入選など。又、…」

 これ以上はご本人のホームページをご覧いただいた方が良さそうですね〜
 今までは、店の一角にポストカードを置くだけで宣伝もできませんでしたが、本当に素晴らしく頑張っていらっしゃる方なんです。ご紹介が遅れたのは、ひとえに私の怠慢でしたね。
 原画をご覧になりたい方には、確か、仙台のさくらので年に何回かの手作り市があるのですが、そこで何度か拝見したことがあります。昨年はお忙しかったようで、出展なされなかったかもしれませんが、何かわかったら、ご案内いたしますので、お楽しみに。

 

 もう一枚は余談ですが、店の常連さんのバイクです。昨日、たまたま表に出たら、2台のバイクが何故か、肩を寄せ合うように並んでいて、とっても可愛らしかったのです。思わず写真に納めさせていただきました。
 こちらの持ち主のお二人にはもちろん、何の関係もないんですよ。店の常連さんにあえて言及するのも、変な話ですが、皆さん、男女の感情を超越なさった、いい関係で繋がっていらっしゃるのが、とっても微笑ましくて勝手に身内に誓い親近感を覚えてしまいます。親しき仲にも…と私自身、自重しているところです。
 では、次回は、今月開催される、さくらのの手作り市のご案内をさせていただきますね。
いい週末をお迎えくださいませ。       蔵楽・府金



うさぎ屋さんの新作です「縮緬人形のせかいへようこそ!」



こんにちは
 写真は、古布・縮緬人形工房 うさぎ屋さんのオリジナル新作です。
 
うさぎ屋さんは、、丸6年間一ヶ月に一度東京に通い、師事なさった先生から、作者としてデビューする許可をいただいたのただそうです。今も東京に毎月一度先生のもとに通っていらっしゃる会津出身の律儀な方です。
 とにかく古布の魅力にはまったお一人で、古布の魅力を語っていただいたら、時間がいくらあっても足らないくらいです。その熱意で教室に参加なさる方がまた一人と少しずつ広がっています。作り方もとても丁寧でいらっしゃって、教室には妥協がないようにお見受けいたします。はい。個人的にはこれは購入させていただいた方がいいと思っている作品です。 

 ケースから出して手にとっていただくこともできます。古布の手触りも感じてほしいという作家さんのご意向です。

 さて、今日は仙台は曇りです。私事ですが、昨日までに一つ仕事が片付いたので今日は、午前中、マッサージに行って参りました。お陰様で気力体力ともにリフレッシュいたしましたので、今日いらしたお客様はめいっぱいサービスさせていただくつもりです。小さな親切、多くな迷惑にならないよう努めますが。
 それではよい週末を。       蔵楽・府金 

自然の草花を透明な画風で描いていらっしゃるYさんのポストカード

 Yさんが店にいらしたのは、震災から数ヶ月経ってからのことです。
 奥様が店にいらして下さったのを機に、店に展示して下さることになりました。
 ご自宅は、亘理町で被災され、本当に残念ながら、原画が全て流されてしまわれたとのこと。
 幸い、パソコンに残っていた絵を、ポストカードとして提供していただきました。

 Yさんの絵は、とっても透明感があるように見受けられます。(私の素人なりの感じ方です)
繊細で忠実に草花を描写していらっしゃるようです。
お人柄もとても誠実な方とお見受けします。

 Yさんの作品はポストカードとして、季節のご挨拶にも、メッセージカードにも、
さらに、お気に入りの額に入れて季節を楽しむこともできます。
 お気に入りの絵は大きく引き延ばしてもらって飾ると、とってもいいです。 

 

イラストレーター るるさん

昨年、震災直後から、かわいい絵と優しい語りかけが、心を癒してくれると
評判のいい、るるさんの作品は、ポストカードを中心に展示販売しています。
コーヒーを飲みながら、ゆっくり見本に見入っていらっしゃるお客様もあり、
プレゼントのメッセージカードにお使い頂いたりするお客様も。
 
 たとえば、

カベは乗りこえられる人の前にしかあらわれない。
だから、あたしはあなたに「おめでとう」を贈ります。 

 これは私自身のために購入して壁に貼ってありますが、いくつかパターンのある
メッセージは、ほんとに嫌みがないのです。

 ご本人に何故かな?とお話しすると、柔らかい口調で
「私自身に対するメッセージなんです。」
 
 震災後は一時、避難所で生活したこともおありで、その後の絵には
明らかな力強さがプラスされています。

 貴方にぴったりのポストカードを是非、お店で見つけてほしいですね〜

| 1/1PAGES |